クリーニングの作業をしている女性

使い続けるためには

縞のシャツ

靴や鞄の修理やクリーニングをしてくれる店があります。 鞄のクリーニングは、鞄の種類によって、どの程度汚れを落とすことができるのかが異なってきます。例えば革製のものであれば、質感を保ちながら、表面や中までクリーニングすることができます。スエードのものなどは、汚れをできるかぎり落とし、今後汚れがつきにくいようにすることが可能です。布製のものに関しては、汚れを、現在のものより薄くするという内容にとどまります。 カビについても、奥深くまで染み込んでいるカビは、完全に取り除くことは困難ですが、表面についているカビであれば、取り除くことができます。 洗うことができるのは洋服だけではありません。汚れてしまった鞄を捨てる前に、一度こういった店に相談してみるのもいいかもしれません。

鞄をクリーニングして汚れを落とし、長く使うためには、まず汚さない工夫をすることが大切です。 例えばブランドバッグであれば、革に様々な加工がされていることが多いため、その素材にあったはっ水スプレーをしておくことをオススメします。防水をすると、汚れにくく、なおかつ元の風合いを長く保つことができます。月に一度スプレーして、スプレーをした後二十分ほどたってから、乾拭きをすると、より光沢を保つことができます。 しかし、どうしても汚れてしまった場合は、専門の店でクリーニングしてもらうといいでしょう。それぞれの店舗で、汚れを取り除きながら、元の素材の風合いなどを残し、長く使うことができるように、色落ちした部分の染色方法など、様々な工夫がなされています。